リバウンドコントロール練習 すべての指で叩く練習

前回はそれぞれの指で切り替える練習をするところまで書きました。
今日はその続きですべての指を使って叩いていきたいと思います。

やることは単純です。
今まで指ごとに練習してきた動きを一斉にやります。
人差し指と親指でスティックを挟んで支点にしたら、すべての指の腹をスティックに当てます。

そこから指を開いてスティックを振り上げていき、振り上げたら指を閉じて叩いていきます。
しっかりリバウンドをとりながら叩くのがポイントですね。

このときのポイントはあくまで支点は人差し指というところと、力点の中心は薬指になるということです。

すべての指を使っていくのですが、テコの原理で支点より力点が遠いほうが軽い力で動きます。

ということは人差し指を中心に動かすより、薬指を中心に動かしたほうがより効率よく動かすことができるということですね。
小指の方がより遠くにはなるのですが、小指はなかなか動きにくいので薬指が中心がおすすめです。

まずは片手で単打、連打を練習してから両手で連打していくといいでしょう。

そのときに使う練習が加減速練習です。
ゆっくりから少しずつ速くしてまたゆっくりにする練習です。

両手でも片手でも練習することができます。

加減速練習にもやり方や注意点があるのですが、それはまたの機会にしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top