一人で新曲を開拓する方法 アコギ編 簡単な曲の見つけ方

前回はコード譜の探し方を解説しました。

今日は簡単な曲の見つけ方・難しい曲の判別方法を紹介しましょう。
やる曲があんまり難しすぎると時間がかかりすぎますからね。

もちろん好きな曲というのが一番ですが。

まずいちばん簡単な方法は「アコギ 初心者 曲」とかで検索する方法ですね(笑)
色んな人がブログに書いたり、ユーチューブの動画に出したり簡単な曲を紹介しています。

その中に自分の好きな曲があったら弾いてみるのもいいでしょう。
ただ、たまに難しい曲でも簡単だと紹介されている場合もあるので盲信は禁物ですが。

 

では自分が弾きたいと思った曲が難しいかどうかを判定する方法を解説したいと思います。
まず難しいのはコードの字数が多い曲です。

コード譜をパッと見たときにアルファベットがたくさん書いてあったら難しいと思っていいでしょう。
基本的には「C」とか「G」とか「Am」など比較的シンプルなコードはギターで弾くときも簡単です。

それが「F#m7−5」とか「G7sus4」とか「Aaug」とか長いコードは難しいです(笑)

まあ、押さえるだけなら簡単なものもありますが、名前が長いコードは他の曲で出てくる頻度が低いので経験が少なくなりがちで難しいという側面もあります。

また、一つのコード名は短くてもそれが大量に書いてあるということは、それだけ頻繁にコードチェンジしないといけないので難しいということもありますね。

 

ざっくり簡単な曲のコード譜はこんな感じ。
クリスマスソング/back number

引用元:U-FRET

難しい曲のコード譜はこんな感じです。
SUN/星野源

引用元:U-FRET

見るからに難しそうですよね(笑)

 

ただし、簡単な曲でも後半に転調があると急に難しそうなコードがたくさん出てくる場合もあるので、楽譜は最後まで見るようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top