音楽理論解説 「セブンスコードの表記方法」

前回はセブンスコードについて解説しました。
最後に表記方法の話をちょこっとだけしたので、その続きから書きたいと思います。

 

まずはトライアドの表記方法の振り返りから。

ルート+長3度+完全5度メジャーコードだと以前に解説しました。

ルートがCなら「C」コードになります。
厳密にはCメジャーコードですが、「メジャー」は省略して単に「C」と書きます。

ルート+短3度+完全5度「マイナー」ですね。
ルートがCなら「Cm」になります。
マイナーのときは「m」って書きます。

 

しかし、7度の場合はそうではないんですよね。

長7度、メジャーのときは「CM7」のようにわざわざ「M(メジャー)」と書きます。
逆に短7度、マイナーのときは「C7」のように「m(マイナー)」を省きます(笑)

ややこしいですね。

つまり、3度の長短と7度の長短を合わせると4種類の7thコードがあるということです。

それぞれCをルートにすると
ルート+長3度+完全5度+長7度・・・「CM7」(シーメジャーセブンス)
ルート+長3度+完全5度+短7度・・・「C7」(シーセブンス)
ルート+短3度+完全5度+長7度・・・「CmM7」(
ルート+短3度+完全5度+短7度・・・「Cm7」

という感じになります。

 

別にこれを完全に理解しないと楽器が演奏できないわけではないですが、興味がある人は覚えておいてもいいでしょう(笑)

もし、3度と同じで7度もメジャーを省略してマイナーを表記すると、
ルート+短3度+完全5度+長7度は「Cm7」
ルート+長3度+完全5度+短7度も「Cm7」になってしまいます。

なので7度は省略するのが逆になるんですよね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top