音楽理論解説 「セブンスコード」

以前はダイアトニックコードの解説までしました。

今日はキーとコードの関係は一旦置いといて「7th」について解説しようと思います。

曲のコードを見ていると「Bm7」とか「C7」とか出てきますよね。
今日はその「7」について解説したいと思います。

めっちゃざっくり7thコードの雰囲気を解説するとオシャレな感じですね。
都会的な感じとかって言われることもあります。

 

上に書いたように「〇〇7」というのは「7thコード(セブンスコード)」と言います。
めっちゃ簡単に言うとトライアドにルートから数えて7度の音をたすのがセブンスコードです。

例えばCメジャーコードは「ド、ミ、ソ」の和音です。
ドがルート、ミは3度、ソは5度の音です。
ドから数えて7度の音は「シ」です。

「ドレミファソラシ」でいくとシは7個目ですよね。

つまり、シの音をたすと7thになるということですね。
では「ド、ミ、ソ、シ」はC7かって言うと違うんですよね(笑)

 

そこでポイントは7度には長短があることですね。
7度は長短系の度数なので、長7度と短7度があります。

長7度はメジャー7th短7度はマイナー7thです。

その両方のパターンで考える必要があります。

Cメジャーに長7度をたすと「CM7(シーメジャーセブンス)」
Cメジャーに短7度をたすと「C7(シーセブンス)」というコードになります。

ここでややこしいのが3度の長短と7度の長短は表記方法が違うということです。

ちょっと長くなりそうなので、続きは次回にしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top