私の考える5弦ベースのメリット

今日は昨日に続いて5弦ベースについて解説していきたいと思います。

昨日は5弦ベースにちょっと批判的な記事を書きました。
しかし、私も5弦ベースユーザーです。
いいところはたくさんあるんですよね。

今日はその話をしましょう。

私自身、ベースは4弦を数年間使っていました。
5弦に変えたのは最近です。

なので、私と同じように4弦から5弦に変えようと思っている人や、初心者で5弦を買おうと思っている人の参考になるんじゃないかと思います。

5弦ベースのメリット① 親指置き場になる

4弦ベースの場合、特に低音弦を弾くときはピックアップの上などに指を置く場合が多いでしょう

しかし、それでは置く場所が固定されてしまいます。

5弦ベースだと、4弦の曲を弾くときに5弦に親指を乗せておけるので便利です(笑)
安定しますし、ピッキングの位置も自由に動かせます。

ぶっちゃけ一番感じているメリットはそれです(笑)

メリット② ローフレットにいかなくてよくなる

3弦の10フレットあたりを弾いているときなんかに、急に4弦3フレットの音が出てきたりしませんか?
そういったとき4弦ベースならサッと腕を移動させないといけません。

しかし、5弦ベースなら同じ音が5弦8フレットで出るので、上下の移動が少なくてすみますね。

メリット③ 弦どうしの間隔が狭くなる

これは好き嫌いが別れるところかなと思いますが、私はメリットとして捉えています。

ギターもけっこう弾くので、ベースもピック弾きすることが多いです。
そのときには弦どうしが近いほうがピックを動かす距離が少なくなるので、ラクですね。

左手もちょっとギターに近い感覚で弾けたりするので、気に入ってます。

 

5弦ベースの本来のメリットである「音域の増加」を活かしきれていないのですが、それ以外にもメリットはたくさんあります。

もしよかったら5弦ベースの購入を検討してみてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top