18回セッション会!

今日は第18回セッション会でした。

今思えばもうちょっとで第1回セッション会から1周年になるんですね。
初回が去年の12月22日だったので。

初回からずっと参加していただいている方もいらっしゃって、本当にありがたい限りです。

さて、今日はよく利用しているブルーではなく、草津のエルクというライブハウスで開催しました。
3回ぐらい前にも一回利用していますね。

ちょうどセッションの方のページのトップ画像になっているところですね。

リハスタとしても利用できるライブハウスですね。

広くて使いやすいのはいいんですが、やっぱりちょっと難点なのは音量が決めにくいことですね。
なぜなのかはわからないですが、ブルーよりハウリングしやすくマイクのボリュームには神経を使います。

 

今回はセッションで初めてベースを弾きました(笑)
今までもその場でちょこちょこっと弾いたことはあったんですが、この曲はベースで参加するって決めて練習していったことは実はなかったんですよね(笑)

今回はマルーン5の「This Love」をベースで演奏しました。
やっぱりドラムやギターとはまた違った楽しさがあっていいですね。

レッスンでもベースを習いたいという方はギターに比べて少ないですが、ベースもオススメですよ!(笑)

 

セッションに話を戻しましょう。

今日はギター1名、ボーカル1名、ベース兼ボーカル1名に私と兄の5人でセッションでした。

ここ最近は人数集めが課題になってきましたね。
一番人数が多かった頃は毎回6人ぐらい来られてましたが、ここ数回はちょっと少ない状況です。

1月には建設中のスタジオが完成し、セッション会も開こうと思っているので、また盛り上げていきたいところですね。

 

ちょっと人数は少なかったですが、非常に楽しめました!
フェードアウトの曲が2曲あったので、終わりをどうしようか難しかったところもありましたが、周りの様子を見ながら曲終わりがバシッと合わさったら気持ちいいですね。

そんな感じでその場で自由に演奏できるのもセッション会のいいところだと思います。

 

次回は1月12日(日)14:00~17:00
場所はスタジオブルーAスタジオです。

演奏曲は
リンダリンダ(THE BLUE HEARTS)
ないものねだり(KANA-BOON)
君はロックを聴かない(あいみょん)
散歩道(JUDY AND MARY)
why does our love got to be sad(Eric Clapton)
の5曲です。

一番下のエリック・クラプトンのやつは邦題で「恋は悲しきもの」です。

ぜひぜひ皆さんご参加ください!

第19回セッション会

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top