一人で新曲を開拓する方法 アコギ編 1周する感覚を掴む

前回はストロークのパターンをいくつか解説しました。
今日からはコードの長さのヒントを書いていこうと思います。

ストロークがわかったら後は曲を聴いてコード譜をみながら弾いていくだけなのですが、コードの長さがわかりにくいところがあったときのヒントですね。
今までに数曲弾いたことがある人なら簡単なコード進行は感覚でどこでコードチェンジなのかわかると思います。

わかりにくいところはどうやって聴いていくのかという話です。

菅田将暉さんの「虹」という曲を例に色々考えてみたいと思います。

曲はこちら。

 

コード進行はこのようになっています。

ストロークはシャッフルではない普通の16ビートですね。

まず、イントロは置いといてAメロやサビから考えていくというのがオーソドックスですね。

慣れたらイントロもすぐにわかるようになるのですが、イントロはコードが並んでいるだけでヒントが少ないので難しいです。
歌があるところだとコードの下の歌詞もヒントになるのでわかりやすいですね。

また、イントロはAメロやサビと同じか似たコード進行が使われることが多いので、そっちを先に考えるとイントロもわかりやすいです。

 

ではさっそくAメロを見ていこうと思います。

最初に4小節、8小節で1周しているというところを掴むといいでしょう。
2,3曲曲を弾いたことがある人は最初の方のコードの長さがこのようになることはわかると思います。

また、曲を聴くと0:21〜0:34がAメロ1周目0:34〜0:47が2周目になっていることが感覚的につかめると思います。

曲の雰囲気が1周するということはコード進行も1周することになります。
1周目の最初のコードがDなので、2周目の最初のコードもDになります。
まあ、絶対ではないのですが、目安になるという感じですね。

さらに、1周は4小節か8小節で構成されている場合が多いです。
この曲の場合は4小節ですね。
これは「1,2,3,4」と数えながら曲を聴くとすぐにわかると思います。

さて、上の楽譜の続きを書いていくとこのようになってきます。

Asus4で8個目のコードになるので、2周目はAからかな?と思うかもしれませんがそうではありません。
先程説明したとおり、2周目の最初のコードもDになるはずなので1周目のどこかで1小節に3つコードを詰め込んで2周目最初のコードがDになるようにしないといけません。

どこが3つになるのかはまた解説しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top