脱線話:Dude Perfect

ちょっと音楽と違う話でも書きましょうか。

みなさん「Dude Perfect」をご存知でしょうか。

私は少し前に知ったんですが、世界的に有名なYoutuberです。
チャンネル登録者はなんと3,600万人!(11/12時点)
カナダの人口とほぼ同じと思うと凄まじいですよね。
Youtuberの中でもトップ5ぐらいには入っていると思います。

彼らはスポーツエンターテイメント系のYouTuberです。
様々なスポーツのトリックショットを投稿しています。
遠いところからバスケットボールのシュートをしたり、ブーメランで遠くのビンを割ったりしています。

言葉で説明してもわかりにくいので動画を見ていただきましょう!
私が一番好きなピンポントリックショットシリーズです。

見ているだけで気持ちいいですよね!
英語は全くわからないので、何を喋っているか全然わからないんですが、楽しめちゃいます(笑)
こういうところが人気の秘訣なんだと思います。

他にもアーチェリーのトリックショットなんかもあります。

最後のやつなんか狙って射ってるんでしょうか、ほぼ偶然なんでしょうかどうなんでしょう(笑)
アシストロードではアーチェリーの事業をやっているのでつながりがありましたね(笑)

このDude Perfectですが、やっていることがすごいだけではありません。
もちろんトリックショットの数々はものすごい量のシュミレーションや、練習などで作り上げているはずですが、編集も結構凝っているんですよね。
アーチェリーの動画では矢の軌跡をラインで示したり、ところどころスローモーションを使ったりと、けっこう細かく編集しているんですよね。

音楽関連で話をすると、BGMもいい感じですよね。
ちょうどボールがカップに入ったときに、曲の一番盛り上がる部分をぴったりで入れるところなんかは、「考えられてるなー」と思います。

これは色んなスポーツでゴルフをする動画なんですが、同じ曲の中でも場面によって使い分けているのがおわかりいただけるでしょうか。
10:15あたりからコディ(赤い服の人)とタイラー(黒い服の人)のプレーオフが始まるんですが、ハラハラドキドキの場面と、カップインした瞬間のBGMがいい具合に編集されてますよね。

結局音楽の話になってしまいましたが、こういう動画にはBGMが重要なんだとあらためて思いました。

アイキャッチ画像引用元:Dude Perfect

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。