セッション曲解説 「twinkle,twinkle」パート3

さあ、セッション曲解説も終わりが近づいてきました。

昨日に引き続き、L’Arc~en~Cielのtwinkle,twinkleの解説をしましょう。

今本腰をいれてこの曲のドラムを練習しているんですが、けっこう難しいですね(笑)
簡単にしつつ乗り切りたいと思います(笑)

それではいきましょう!

動画はこちらから。
dailymotion

ベース

基本的には簡単ですね。
8ビートを刻み続ける部分が大半なので。

難しい部分はBメロとブリッジの2箇所ですね。

Bメロはスラップが出てきます。
難しいけどできるとカッコいい、例のスラップ奏法です(笑)

ベーシストの中にはスラップに憧れてベースを始めた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか(笑)

テンポはゆっくりでスラップ自体もそれほど速くないので、スラップの中では簡単な部類に入ると思います。
スラップをやったことがない方はぜひチャレンジしてみましょう。

左手のスライドハンマリングなんかも同時に出てくるのでいいトレーニングになりそうですね。

ブリッジもちょっと難しいです。
動きが激しくなり、けっこう高音まで弾くことになります。

その後の間奏でも、一部スラップが出てきますね。

私もスラップの練習でこの曲にチャレンジしてみようかな(笑)
スラップができるようになりたいので。

ボーカル

最初っからオクターブ下のコーラスが入っているので、かなり厚みがありますね。
音程が低く聴こえますが、主旋律はそんなにめちゃめちゃ低いわけではないでしょう。

ただ、割と低い音から高い音まで出てくる気はしますが。

ギターボーカルでできるとかっこよさそうですね。
ただ、サイドギターは普通にコード弾きだけではないので、ちょっと難しいかもしれませんが。

シンセサイザー

この曲のシンセ、めちゃめちゃ大好きです(笑)
イントロのリフからしてかっこよすぎません?

Theシンセって感じのサウンドとフレーズが大好きです。

ピアノも弾けるとカッコいいですが、こういうシンセも弾けるとカッコいいですよね。

サビのバッキングでも曲に華やかさを与えているんですよね。
これも大好きです。

 

どうでしたか?

スローテンポな曲なので難しい部分も簡単にしやすいですね。

冒頭にも書きましたが、ドラムは簡単にしつつ頑張ります(笑)

トップ画像引用元:dailymotion

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。