スーパードラマー:ジェフ・ポーカロ

今日は私のお気に入りドラマーについて紹介します。

あれ?今までの記事でジェフ・ポーカロがお気に入りなんて書いてなかったぞ?
と思った方大正解です。

今まで名前を出したことはありません。
しかし、ドラマー紹介の第一号です。
何故こんなことになったのかというと、思いつきで記事を書いているからです(笑)

自己紹介とかには書いていなかったですが、ジェフ・ポーカロは私のヒーローです。

と、前置きはこの辺にしてジェフ・ポーカロの紹介をしていきましょうか。

ジェフ・ポーカロというと元TOTOのドラマーですよね。

正直TOTOについてはあんまり知りません(笑)そんなに聴いたことがないので。
じゃあどうしてジェフ・ポーカロが好きなのでしょうか。

それはこの動画をみていただけたらわかると思います。
(長い動画で全て英語なので最初の2分だけみてください)

[ux_video url=”https://youtu.be/iMLGPD-nyT4″]

なんと気持ちいいドラムでしょう!
一番最初の5ストロークロールでしょうか、ザーッとスネアドラムを叩くどころからしておしゃれですよね!

44秒あたりのフィルインでスネアとタムタムをフラムで往復するフレーズがありますが、このフラムの装飾音符と主音の間隔が絶妙ですよね。
くっつきすぎず離れすぎずちょうどいい感じになってます。

バスドラムのフレーズとか、ハイハットの使い方とかうまいですよね(笑)
正直、どこからどう解説していいのかわかりません(笑)

とにかく聞いていて気持ちいい!
それだけです。

この動画はジェフ・ポーカロの教則ビデオみたいなんですが、英語なので何を言っているか全くわかりません。
しかし、間に挟まれているデモ演奏を聞くだけでもジェフ・ポーカロが、かなりのテクニシャンであることがわかると思います。

トラビスバーカーのように思いっきり腕を振り上げる感じも大好きなんですが、こんな風にスマートに叩くドラマーも好きです。

この動画を見る前にTOTOの曲は聞いたことがなかったのですが、この動画をみただけで私はジェフ・ポーカロのファンになりました。
練習の時には意識していなかったのですが、今振り返ると結構ジェフ・ポーカロに影響を受けた気がします。

スティックの持ち方とか、ハイハットを叩くときの右手の動かし方とか真似てる気がします。
もちろん、ジェフ・ポーカロをちゃんと研究したわけではないので、なんちゃってポーカロですが(笑)

この記事を書くにあたって流石にTOTOの曲をちゃんと聞いたことがないのに、ジェフ・ポーカロを語るな!と言われそうなので最後にTOTOの代表曲を貼っておきます(笑)

[ux_video url=”https://youtu.be/qmOLtTGvsbM”]

なんだこの曲は!
こういう曲をグルーヴがいい曲と言うのでしょう。

ジェフ・ポーカロのドラム以外のパートもかなり洗練されていて聞いていて飽きないですよね!

有名なドラマーが叩いている曲を聴くと最初は曲全体ではなくて、ドラムがどうなっているかを聴いてしまう癖があるんですが、この曲を聴いたときははじめから曲全体を聴いていました。
ジェフ・ポーカロのドラムを気にさせないなんてどれだけレベルの高いバンドなんでしょう!

これはTOTO好きになりそうな予感がする(笑)

アイキャッチ画像引用元:amass

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。